カートを見る ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

 

<木曽塗り> 一閑張り おにぎり三角お弁当箱

木曽漆器(きそしっき)は、長野県の松本市、木曽郡木曽町、塩尻市などに伝わる漆器で、
木目を生かした器や鮮やかな朱で彩られたものなど、
ダイナミックな中に繊細さが宿る漆器など、数多く生産されています。
こちらはその「木曽漆器」の、
もうおにぎりを入れたくなってしまう『おにぎり三角お弁当箱』!
木曽塗りは素地を材木とする漆器以外のものも多く、一閑張りも有名です。
他のお弁当箱に比べてそこまで大きくはありませんが、
10cm超えの具だくさんおにぎりを入れるにはこれ以上ない器!
通常もしくは少し大きめのおにぎりを角に収め、空いた空間におかずを詰めるのも◎!
ただ、塗りものですので食品を入れる際はラップなどをし、長く水分に浸けないようご注意ください。
プラスチック製に比べれば使い勝手は宜しくありませんが、
やはり本物の質感と美しさは魅力的!
美味しいお弁当を是非伝統の逸品で召し上がれ♪

  【品 名】  <木曽塗り> 一閑張り おにぎり三角お弁当箱
  【サイズ】  13cm×12cm×高さ5.4cm
  【産 地】  長野県
  【素 材】  竹、和紙、漆
  【価 格】  ¥3,456(税込)

〜漆器の取り扱い・利点について〜

  【漆器の利点】
    ・保温性が高いと同時に、手に熱を伝えにくいため陶器よりも熱くなりにくい。
    ・陶器と同様の洗浄でOK。漆の塗りの効果でむしろ陶器よりも洗浄が簡単。
    ・色漆は年月と共に色の変化とツヤが楽しめる。
    ・漆器は落としても割れにくいため長く使用できる。

  【漆器の取り扱い】
    ・真新しい漆器は変色しやすいので、熱湯を直接注がないでください。(60度位が適温です。)
    ・電子レンジ・食器乾燥機にいれると、木地から破壊され修理不可能となります!
    ・高温・高乾燥の場所は避けてください。反りや割れの原因になります。
    ・直射日光の当たる場所で保管しないでください。表面の艶が無くなり、また、傷が付きやすくなります。
    ・長期間使用しない場合、北側の押入れで保管するのが最適です。

<木曽塗り> 一閑張り おにぎり三角お弁当箱

価格:

3,456円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

<木曽塗り> 一閑張り おにぎり三角お弁当箱<木曽塗り> 一閑張り おにぎり三角お弁当箱<木曽塗り> 一閑張り おにぎり三角お弁当箱<木曽塗り> 一閑張り おにぎり三角お弁当箱<木曽塗り> 一閑張り おにぎり三角お弁当箱

ページトップへ